2015年1月26日 今日のみ言

君たちがこのように集まったこと自体、今世界から見た場合には、最頂点に立っている。最高の所に立っているということを忘れてはならない。だから、君たちの行動というものは、天から見たときに、一番注目の的であるというのです。サタン世界は、この絶頂に立っている者たちが何とか崩れて、転がり落ちるように願っている。天の方では、何とか一つになってこの絶頂から飛躍する、跳躍することを願っている。

 この二つの境界線を迎えながら、今から君たちの生涯の運命がどういう方向に決定していくか。この頂点から下がっていくか、跳躍していくか、それが、今からの君たちの使命として、双肩に掛かってくる重大事件です。「だれか一人ぐらい、自分一人ぐらいこういうふうになるのは何でもない。たくさんのカップルのうちで全体に何のかかわりもない」というように思ったら大間違いです。それは一つの水晶玉であって、そこに傷が一点つくというのは、全体の傷になる。一人の傷ではありません。(1988年10月29日)

▲TOP